サチコが気づいた美白ケアのコツ

サチコが気づいた美白ケアのコツ

 

美白ケアを行ないますと、日焼けに作用して興奮した状態を沈静化して<れます。メラニン抑制刺激に対して「アルント・シュルツの法則」では、弱い圧力でメラニン抑制を行なうとシミの原因を鼓舞するとなっていますが、美白ケアの場合、メラニンやシミの原因は促されるのですが、日焼けの興奮は抑えられてリラックスできるようになります。これが美白ケアとメラニン抑制の最大の違いと言ってもよいかもしれません。経験的にも、肝斑の患者に行なうと症状が緩和されたり、緊張症の方に定期的に行なうとからだの力を抜くのが上手になったりもします。

 

急に人が入ってきたりしないこと部屋の中は意外と温度差があります。たとえば足元と頭では部屋によっては、二?五℃も温度が異なります。美白ケアを行なう際は薄着になり誅すから、からだが冷えないような温度にする必要があります。

 

横たわって汗ばんだり、寒さを感じたりしない温度に設定するようにしましよう。また、部屋の中の照明がまぶしいと感じると、からだは緊張してしまいます。

 

ほのかな明るさの間接照明があれば、それだけでも良いと思います。また、UVケアを使ってリラックス効果を高めるのも良いと思います。お香を焚いたり、アロマオイルを使ったりすると、紫外線から<る緊張を起こさず美白ケア効果を高めます。

 

それと気をつけてほしいのは携帯電話。急に着信音が鳴ったり、日焼けが起こったりすると、それだけでからだが緊張します。美白ケアの最中は電源を切るなどして、不意に驚かされることがないように配慮したいものです。美白ケアを行なうときの服装は次のポイントを押さえてください。

 

美白ケアは、服の上からは行なわず直接皮膚に行ないます。ドレナージュは「首十自分の行ないたい所」を行なうのが基本ですから、上半身は首を行ないやすいタンクトツプとかキャミソールのような格好に書ると思います。下半身は短バンとか下着といったもの。できればゴムが食い込むことのないような、組で調節できるものが良いかもしれ誅せん

 

。服装だけでなく、上に羽織るガウンやタオルケツトなどを利用したいものです。そうすることで、薄着のからだを冷やすことなく美白ケアを行なえるからです。羽織るものも、厚ぼったくなく動きを妨げるようなものは避けたほうが良いでしょう。


このページの先頭へ戻る